高音が出にくいときは

高音が出にくい原因を探そう

高音が出にくい時は、必ず原因があります。

原因を探してみましょう。

自分に問題がある場合

息のスピードが早いと、高音は美しく響きます。

息のスピードを適正なものに保つために、
次の項目をチェックしてみましょう。

・歯と歯をくいしばらないようにしましょう。

・のどを楽にして、息の通り道を開けておきましょう。

・口の中は狭めにしておきましょう。

・オカリナの高音は、思ったより早い息が必要なことを理解しておきましょう。

オカリナに問題がある場合

どう強く吹いても、高音の音程が低い。

どう弱く吹いても、高音の音程が高い。

音程を高くしようと息を吹き込むと、すぐに音色が割れてしまう。

音程を低くしようと息を弱くすると、音にならない。

こんな感じのオカリナって、ありますよね。

このように、明らかにオカリナに問題がある場合は、
思いきってオカリナを買い換えましょう。

楽器の問題は奏者が演奏の技術で直せるものではないからです。

オカリナの物理的な性能を超えて演奏することはできません。

ですので、そこで苦労せずに、
正しい音程、安定した音色がでるオカリナを使って練習する道を進みましょう。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク