落としそうで怖い

オカリナを支える方法

オカリナはツルッとしていて、引っかかるところがありません。

ひと時も気を抜かずに大事に扱わないと落としそうになってしまいます。

特に、高音を出そうとすると、ほとんどオカリナを指から話した状態になって、正直「怖い」。

高音の運指の支えで大切なこと

高音を吹くときは、次のことに注意しましょう。

左手人差し指の根元でオカリナを支える。

右手でオカリナの右側の先端を支える。

この二つの支えをしっかりとすることが大切です。

それでも不安な時は、

上のミ、ファなどの右手親指を離す運指では、

右親指を立ててオカリナから離さない。

ということも試してみましょう。

支えが安定していると、安心して演奏できます。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク