基本はまっすぐな音で演奏する

まっすぐな音で演奏する

オカリナを始めて、曲が吹けるようになってくるとこれがしたくなります。

「ヴィブラート」

オカリナは息をコントロールして演奏します。

そして息を入れると必ず音がでるので「音」を出すこと自体は簡単です。

ヴィブラートも正しい方法で練習すると、意外と簡単にできるようになります。

調子にのって全部の音にかけてしまいたくなるのですが、

そこはちょっと我慢して、ヴィブラートをかける音と、かけない音を分けて演奏しましょう。

基本を、ヴィブラートのないまっすぐな音。

大切に表現したい音に、ヴィブラートを。

まっすぐな音とは、伸ばしている間がまっすぐという意味合いもありますが、

音を出す瞬間から、まっすぐに立ち上がることです。

優しい印象の曲を演奏するときも、まっすぐな音で演奏しましょう。

優しい感じを表現したい時、弱く入ってあとから音を大きくする、という方法は避けましょう。特にクラシックの曲では気をつけましょう。多用すると、優しさというより、弱々しい印象の演奏になってしまします。

まっすぐな音で演奏する。

この意識で音を出すと、音色が安定して、音程も正確に演奏できるようになります。

何よりも、演奏に説得力が出てきます。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク