プラスチックのオカリナは使いやすい?

プラスチックのオカリナは、土からできているオカリナと比べて、
どんな感じなのでしょう。

どんな音色なのでしょう。

どんな吹き心地なのでしょう。

持ちやすいかな。
使いやすいかな。

そこで、プラスチックのオカリナについてまとめてみました。

プラスチックオカリナの良いところ

1 取り扱いが楽

ぶつけてしまっても、

高いところから落としても、大丈夫。

無傷です。

この安心感は、とてもうれしいです。

2 軽い

本体の重さが、陶器製のものより、10〜20%軽いです。

扱いが楽で、軽い。いつでも何処へでも、気兼ねなく持ち運びできます。

3 衛生的

外側も内側も、そのまま水洗いできます。だからとても衛生的です。

4 音色が美しい

特に私がおすすめするプラスチックオカリナは、

陶器のオカリナと聴き比べをしても、

どちらが陶器で、どちらがプラスチックか、

ほとんどわからないレベルだと思います。

5 品質が均一

焼き物のオカリナのように、品質にばらつきがありません。

同じ型のオカリナであれば、皆同じ音色がします。

音程もかなり正確です。

6 試奏しなくても安心

土からつくるオカリナは、個体差が大きいのです。

購入する時は、試奏して、音色、音程などをしっかりとチェックしなければなりません。

しかし、プラスティックオカリナは、音色、音程が、ほぼ均一なので、

試奏しなくても安心です。

プラスティックオカリナおすすめの機種

結論

プラスティックオカリナは、

土からできているオカリナと比べても、

ほとんど遜色ないものです。

上記の機種は本当にオススメです。

スポンサーリンク