オカリナの種類

オカリナには、たくさんの種類があります。

何が違うのか。どの楽器を選べば良いのか、

なかなか難しいですよね。

そこで、オカリナの種類と調についてまとめてみました。

調からみたオカリナの種類

ソプラノ、アルト、といった分け方でななく、

基本となる音でオカリナの種類をみてみましょう。

C管

アルト、ソプラノ、そしてバスの3つの大きさがあります。

F管

ソプラノ、アルトの2つの大きさがあります。

G管

ソプラノ、アルトの2つの大きさがあります。

市販されているオカリナのほとんどすべては、この3種類の調で作られています。

数は圧倒的に少ないですが、C、F、Gの調以外のオカリナも存在しています。

E♭管

A♭管

B♭管 etc.

これらは、多くの場合、受注生産です。

運指や音域の不都合を解決するためにこれらの特殊管は使われます。

楽譜は同じでも出る音が違う

どの調のオカリナでも、「ド」と楽譜に書いてあればドの運指で演奏します。

でも、次のことが違っています。

C管では、「ド」の運指で音をだすと、ピアノと同じ「ド」がでます。

F管では、「ド」の運指で音を出すと、ピアノの「ファ」がでます。

F管では、「ド」の運指で音を出すと、ピアノの「ソ」がでます。

ソロで無伴奏で演奏する場合は、どの管を使っても問題ありません。

でも、伴奏をつける場合、何人かで合奏する場合は、

管による音の違いを考えて演奏しましょう。

曲の感じに合わせてオカリナを選ぼう

曲を聞いた感じを大切にして、オカリナを選ぶようにしましょう。

活発で明るく、元気な感じの曲であれば、小さめの楽器。

落ち着いて、どっしりとした感じの曲であれば、大きめの楽器。

そうすれば、曲の魅力とオカリナの音の魅力がマッチして、

より素敵な演奏が生まれます。

オカリナにはたくさんの種類があります。

種類の多さを上手に利用して、

多彩な表情の演奏をつくりあげましょう。

スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク